オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

制度について

勉強中

現在日本では大学生の3人に1人が支援機構、地方団体、公益財団法人いずれかの奨学金制度を受けています。
奨学制度を受ける背景には、世界においても日本の大学の学費は高額な部類にあります。
奨学金制度とは、支援機構、地方団体、公益財団法人が就学な困難な生徒に対して学費を貸与、給付することに支援をする制度です。
この制度には給付型、貸与型の2つの分類に分けることが出来ます。
給付型制度は、卒業後も奨学金を返還する必要性がありません。
貸与型制度は、卒業後に奨学金を返還する必要性が生じます。
貸与型の制度を持つ団体の中でも代表的なものが日本学生支援機構という団体です。
日本学生支援機構の制度は貸与型ですが、貸与型の中でも利息が発生しない第一種奨学金と、利息が発生する第二種奨学金の制度が存在します。
これらの制度とは別に、入学時に1度きり貸与される入学時特別増額貸与奨学金という制度があります。
この制度の貸与金額は10~50万の中から希望することが出来ます。

奨学金制度を受けるにはいくつかの審査があります。
奨学金は基本的に成績が優秀な生徒に施されます。
大学の受験前に事前に申し込みを行う予約採用と進学後に大学を通して行う在学採用もあります。

大学独自の奨学制度や地方自治体、企業や公益財団法人などの団体がもつ制度が存在します。
それぞれの団体により貸与型、給付型といった制度の違いや、制度を受ける条件も変わってきます。
地方自治体の奨学制度を受ける条件には、その自治体の地方に保護者が在住している、若しくは出身地であるか、といった条件があります。
制度を受ける条件を満たしても、制度を利用するには連帯保証人や保証人を選ぶ制度と、保証料を支払う機関保証制度のどちらかの制度を選択しないといけません。

奨学金制度を利用する際は、進学先の大学のもつ制度や地方の自治体の制度を確認して置く必要があります。
また、貸与型の奨学金制度を利用した場合は卒業後に返還が求められます。